中学受験では算数が重要とよくいわれます。

確かに入試で合格者平均と受験者平均の差が大きいのが算数ですから、苦手意識はない方がいいです。

 

SAPIX(サピックス)の保護者会でよく言われていたのが、勉強時間は算数を一番長くしてくださいということでした。

 

例えば1週間の勉強時間を10とすると、

  • 算数が5
  • 国語が2.5
  • 理科と社会で2.5

このような配分でやってくださいということ。

 

勉強時間の半分を算数に費やせということですね。

 

中学受験は算数が一番差がつくので、おろそかにしてはいけない教科です。

算数が苦手な場合は、まずは基礎をしっかり定着させることから始めてはいかがでしょうか。

 

中学受験の算数が苦手でできない?基礎を徹底すればできるようになる!

 

算数は積み重ねの教科です。

 

算数ができない、苦手な場合は、下のようなことがありませんか?

  • 計算力がない
  • 問題をしっかりと読んでない
  • 解法を丸暗記していて応用問題が解けない

 

 

算数の基礎。まずは計算問題の反復練習

 

なんといっても算数の基礎は計算です。

 

入試でも1問は計算問題が出題される学校も多いです。

 

計算問題は絶対に間違ってはいけません。

ここで点を落とすとかなり不利です。

 

また、立式できても、計算で間違うと答えだけを書かされるサピックスのテストのような問題では点数になりません。

 

難関校の算数の入試問題では、考え方の過程も書かされることも多く、部分点をもらえます。

ただし、考え方や途中式が甘く、条件が不足している場合などは、答えが正しくても過程のところで減点する学校もありますよ。

 

計算は訓練すれば、誰でも必ずできるようになります。

 

計算ミスが多い子どもは、途中式を書かずに暗算してしまってませんか?

まずは繰り上がり、繰り下がりなど面倒だけど書き込んでみてはどうでしょう?

暗算せずに、途中式も書いてみましょう。

 

計算問題は毎日取り組むべきです。

何でもいいので、問題集やドリルで繰り返し計算練習やるといいと思います。

レベル別の計算ドリルもおすすめです。

サピックスだったら基礎トレがありますし、必ず計算問題が出てきます。

5年生までは計算コンテスト(計コン)もありますし、ストップウォッチやタイマーで時間を計りながら、きっちりやってくださいね。

 

 

中学受験算数の苦手克服。問題はしっかり読んでる?

 

算数が苦手だという人の中には、問題の意味がわからないとかいう人がいます。

しっかりと問題文を読みましょう。

 

算数の問題は国語の問題文よりもずっと短く、簡単です。

条件を見落とさないように、何を答えればよいのかを注意しながら問題文を読んでください。

読み飛ばし厳禁です!

 

実際の入試問題は、リード文だけでもかなりの長文だったりします。

6年生になる前から、しっかりと問題文を読む練習はしておいた方がいいですよ。

 

 

中学受験の算数の苦手克服。解法丸暗記ではなくどうしてそうなるのか?考える習慣をつけておくこと

 

4年生や5年生の前半までは算数ができていたのに、急に算数ができなくなる人がいます。

 

サピックスの保護者説明会でも言われていたのですが、中には意味も理解せずに解法を丸暗記する人もいるそうです。

だから、素直な問題やテキストの数値替え問題ならば解けるけれども、ちょっとひねってあると、急に解けなくなるらしい。

 

何も考えずに解法だけ丸暗記してしまうのは良くないですね。

じっくり考える習慣をつけないと、学年があがったからといってすぐにできるようにはなりません。

 

1週間に1回でもいいので、10分から15分くらいは難しめの問題に取り組むのもいいのではないでしょうか。

答えまで導き出せなくてもよいので、とにかくじっくりと考える習慣をつける練習です。

 

難関校といわれるような男子校の算数の入試問題は一見すると、今までに解いたことのないような問題として出題されたりしますよ。

じっくり読めば、解法がわかるはず。

 

算数の成績が平均以下の場合は、基礎を徹底的に攻略する

 

サピックスの6年生の場合、テキスト(デイリーサポート)の難易度がA~Eまで分かれています。

4年生や5年生は☆の数で難易度がわかるようになっていたかな?

忘れてしまいました(^^;)

 

とにかく、算数が苦手な人は6年生だったらA、B、C問題くらいまでは完璧に解けるようになっていれば、平均点は超えられるのではないでしょうか?

 

サピックスは他塾と違い、5年生まではテキストは全コース同じです。

(6年生になるとコースによって配られるプリントが違ったりしますが、平常授業のテキストは同じ。)

 

校舎によっても違うかもしれないけど、αコースはデイリーチェックテストの代わりに、どこかの学校の過去の入試問題を解きます。その点数が各校舎のαコース全体の上位100名くらいは名前が張り出されていたとケンタは言っていました。

 

テキストはどのコースも同じだから、ヤル気があれば、たとえ下のコースであっても全部やることは可能です。

全部解けるようになったうえで、初見の問題でもある程度解けるようになると偏差値60は超えますよ。

 

下のコースでは授業で扱わない問題も多いと思うけれども、ヤル気さえあれば算数もできるようになるはず。

 

たぶん、6年生はαコースとアルファベットクラスで違うプリントが配られてると思うよ。
でも、αコースでもデイリーチェックテストは授業中にはやらないけど、配られてた。
アルファベットクラスの子は、入試問題演習のプリントは配られず、デイリーチェックテストを受けてるって言ってたよ。

 

マンスリーテストや組み分けテストでは、難易度が高い問題は大抵最後の方にしか出てきません。

とにかく、大問1から大問4あたりまでをしっかりとケアレスミスなく解けるようにしておけば、それなりに点数は上がるはず。

 

 

二月の勝者第3巻が参考になる!算数の偏差値40を50にあげる方法

 

算数の偏差値が50未満で困っている人には、中学受験マンガの二月の勝者3巻を読んでみることをおすすめします。

 

 

二月の勝者のレビュー記事である二月の勝者3巻、手に入れたいのは学歴「だけ」ですか?には、算数の偏差値を40から50にあげる方法について書いてありますので、参考までに読んでみて下さい。

 

中学受験の中堅塾が舞台の話なので、サピックスとは少し違うと思いますけど、根本は同じです。

 

偏差値50ないということは、計算力も含め、基礎がしっかりと定着していない証拠。

また、ケアレスミスも多いと書いてあります。

 

後半に出題される難易度の高い問題は初めから捨てて、サピックスのテストであれば前半の大問4くらいまでをしっかりと解けるようになるのが重要。

 

後半の問題でも(1)くらいは解ける問題もあると思うので、大問4くらいまでとそれ以降の大問の(1)を解けるようになれば、偏差値50くらいはいけるように思います。

 

まとめ

 

中学受験の算数が苦手な人は応用問題をやる前に基礎を徹底しましょう。

 

まずは計算。ミスなく素早く処理できるようにすること。

それから、サピックスのテキストだったら、A問題からC問題くらいまでは完璧に解けることを目指す。

 

あとは、別途購入させられるベーシックという問題集がありますよね?

速さとか割合とか平面図形とかの問題集です。

あれは基本的な問題ばかりなので、しっかりこなせば基礎力は付きますよ。

 

 

 

おすすめの記事