SAPIX(サピックス)は毎回の授業テキストがプリントなので、こまめに整理しておかないと家中プリントだらけになります。

 

理科や社会は昔のテキストを見返したりもする可能性があるので、最後まで保管してました。

でも、国語Bや算数のデイリーサポートは使うことはなかったような気もします。

 

では、どうやってSAPIXのプリント(テキスト)を整理していたかを紹介します。

 

 

SAPIXのテキストの整理の仕方

 

SAPIXのテキストの整理は2回にわけてやります。

  • マンスリー範囲のテキスト
  • 過去のテキスト(マンスリー終了後のテキスト)

 

マンスリーテストの範囲となるテキストはすぐに使えるようにしておくべきだし、過去のテキストもいつ復習に使いたくなるかわからないので、保管してました。

 

とにかく、大量のプリントをきちんと整理しておかないと、プリントが行方不明になってしまいます。

 

 

SAPIXマンスリーテスト用のテキスト整理の方法

 

マンスリーテストで使うテキストは、机の上においていつでも取り出せるようにファイルボックスを利用してました。

 

おすすめなのは無印良品ファイルボックス

無印良品のファイルボックスはシンプルだし、丈夫です。

 

 


※無印良品のファイルボックスはアマゾンで買うと割高です。

※Tポイントが貯まるし、使えるロハコで買うか、実際に店舗で買うのがおすすめ。

 

別に無印良品のファイルボックスでなくてもいいのだけど、1か月分のテキストが収納できるファイルボックスがあると便利ですよ。

我が家は10個ほどまとめ買いしましたけど、フル活用してました。

 

見た目を気にしないのであれば、100均でもファイルボックスは売ってますね。

 

マンスリーテストの範囲のテキストがすぐに取り出せるようにしておくのがおすすめです。

 

 

SAPIX過去のテキスト整理の方法

 

冊子になっている算数のデイリーサピックスとか、国語Aはそのままファイルボックスに立てて本棚に保管。

 

問題はB4サイズのテキスト。

理科とか社会は、コクヨのB4のDリングファイルを使ってました。

 

 

コクヨのDリングファイルは1個で300枚閉じることができるんですけど、1冊なんかじゃ足りません。

 

5年生の理科テキストを収納するのに、このDリングファイルが4個必要でした。

5年生の社会のテキストは3個くらいで収まったと思います。

 

算数のデイリーサポートは復習することはなかったので、段ボールに放り込んでました。

 

6年生になれば土特のテキストもさらに追加されるし、SSの教材もB4サイズです。

しかも、授業中のテストなどのプリント類も大量!

本当にテキストやプリント整理に追われる感じ?

 

それと、Dリングファイルに閉じるときは、すぐに該当の単元を取り出せるようにインデックスをつけて閉じてました。

 

 


マンスリーテストが終われば、ホチキスで止めてあるのを外した後に穴あけパンチで穴をあけて、Dリングファイルに閉じるの繰り返しです。

 

B4サイズのDリングファイルに閉じると、テキストを探し出すのは簡単なんだけど、普通の本棚だと奥行きがないので、10㎝ほど飛び出た状態になります。

 

しかも、かなり重いので本棚の一番下にずらーっと並べてました。

 

 

テプラもあった方が便利ですね。

 

まとめ

 

とにかくSAPIXはプリント整理が大変です。

 

4年生の間に試行錯誤しながらでも、自分流のテキスト整理方法を決めておくと後はその繰り返しなのでラクになってきます。

 

とはいっても、6年生の秋以降はもうプリントだらけでグチャグチャな感じになってましたけどね。

 

おすすめの記事