アマゾンギフト券なら最大2.5%分のポイント還元!

プリンター・コピー機(複合機)は中学受験の必須アイテム!おすすめランキング

中学受験の勉強は大変なので、できるだけ効率よく進めたくないですか?

勉強を効率よく進めるための道具は揃えておくと便利ですよ。

実際に中学受験を終えてみて、必須だったと改めて思うのが多機能な家庭用のプリンター・コピー機能・スキャナ搭載の複合機です。

ちなみに、家庭用の多機能なコピー機は中学受験だけでなく大学受験でも十分に使えます!

この記事でわかること

  • プリンター(コピー機)のどんな機能が受験に必須なのか?
  • あなたが欲しいプリンター(コピー機)がみつかる

特にコピー機があって便利だと実感するのが、受験学年の6年生の秋。

ちょうど過去問が始まる時期です。

SAPIXの場合だと夏休みに有名中を提出しなければならないので、夏休み前には準備しておきたいところです。

過去問は受験校数×約10年分をコピーしなければいけないので、プリンター(コピー機)は家にあったほうが便利。

わざわざコンビニにコピーしに行くのは面倒ですし、人の目も気になりますよね(笑)

どうせ買うなら、ただのプリンター機能だけでなく、コピーやスキャナ、両面印刷、Wi-fi機能なども付いている多機能プリンターがおすすめです。

もっち

中学受験の家庭学習では、想像以上にコピー機は役に立ちます。
たとえば、白地図トレーニングとか、歴史年表などは何度も繰り返して取り組むのでプリンター(コピー機)はあった方が便利ですよ。

さきに、プリンター(コピー機)のおすすめランキングを知りたい人は下の表を参考にしてください!

スクロールできます
おすすめプリンター特徴印刷コスト
1位
MFC-J6983CDW
MFC-J6983CDW

ブラザーの一般的なプリンター
受験に必要な機能が全て揃っていて価格も安い
迷ったら、これを買っておけば間違いない


白黒
約1.3円
2位
J6997CDW
MFC-J6997CDW


1位のプリンターの上位機種
印刷コストが安い


白黒
約0.7円
3位
PX-M6011F
PX-M6011F

エプソンのプリンター
印刷速度は1位のプリンターよりも速いが
印刷コストが高い


白黒
約2.9円
受験におすすめのプリンター(コピー機)
もっち

上表のプリンター名をクリックすると解説している箇所までジャンプします。

目次

中学受験に使うのに便利なおすすめプリンター(コピー機)を徹底比較してみた

中学受験で使うのに便利なコピー機を比較して表にまとめました。

スクロールできます
機種おすすめ度印刷方式最大用紙サイズ最大給紙枚数A4印刷速度
(1分間で印刷できる枚数)
印刷コスト無線LAN有線LANUSB自動両面プリント自動両面スキャンADF
ブラザー

MFC-J6997CDW

インクジェットA3600枚カラー
約20枚
白黒
約22枚
カラー
約3.7円
白黒
約0.7円
ブラザー

MFC-J6983CDW

インクジェットA3600枚カラー
約20枚
白黒
約22枚
カラー
約6.0円
白黒
約1.3円
キヤノン

TR9530

インクジェットA3100枚カラー
約15枚
白黒
約10枚
カラー
約10.5円
白黒
約3.7円

※1
※2
※3
エプソン

PX-M5081F

インクジェットA3最大250枚カラー
約8.8枚
白黒
約16枚
カラー
約7.6円
白黒
約2.5円
エプソン

PX-M6011F

インクジェットA3標準550枚カラー
約12枚
白黒
約25枚
カラー
約9.4円
白黒
約2.9円
エプソン

PX-M6711FT

インクジェットA3標準550枚カラー
約12枚
白黒
約25枚
カラー
約2.2円
白黒
約0.9円
受験に便利なコピー機の比較表

※1:両面コピーは、A4/レターの普通紙のみ

※2:両面原稿からの両面コピー時は、表裏読取のため、原稿を2度ADFにセットする必要があります。

※3:ADFの読み取りは、A4/A5/B5/レターサイズの普通紙のみ

中学受験で多機能なプリンター(コピー機)は必要か不要かどっち?プリンターが必要な理由は過去問のときに便利だから!

中学受験プリンター
中学受験で使ったプリンター

我が家のプリンターはブラザーです。

中学受験をすると決める前から買っているので、かなり前の機種だけど今でもガンガン使っています!

一度も故障することなく使えてるので、本当にプリンター(コピー機)は買ってよかったなぁと思ってますよ

2段カセットになっていて、下段はB4サイズの用紙を入れているので出っ張った状態になってます。

上段はA4サイズの用紙を入れています。

6年生の秋以降からは過去問が始まりますし、サピックスでは夏休み前に有名中という分厚い過去問集を買わされます。

電話帳くらいの分厚い冊子なので、わざわざ該当箇所を開いて問題を解くというのは非常にやりにくいので、やらなければならない問題はコピーして使いました。

また、過去問は問題、解答、解答用紙をセットにして提出することが求められました。

だから、プリンター(コピー機)が必要となります。

A4までしかプリントできないプリンター(コピー機)もありますが、過去問はA4サイズでコピーしないので、B4サイズやA3サイズまで印刷できるものがおすすめです。

もっち

“A3サイズまでは必要ないかもしれないけれども、B4サイズまでのプリンターってあまり売ってないからA3対応を買うとよいですよ。

我が家のプリンターはA3対応だけど、A3サイズでコピーすることはありませんでしたね。

過去問もB4でコピーしていました。

裏技:過去問をプリンター(コピー機)でキレイに印刷する方法

過去問をキレイにコピーする方法があるので書いておきますね。

過去問や有名中などの冊子になっているものをコピーすると、真ん中の部分が黒くなってしまい、キレイにコピーできません。

では、どうしたらいいのか?というと、背表紙を切り落としてバラバラにして使います。

キンコーズでは背表紙を切り落としてくれるサービスがあるので、有名中と過去問を持って行って背表紙を切り落としてもらいました。

その後は、バラバラになった過去問や有名中を全てプリンターのスキャン機能を使って電子データにしてしまいます。

もっち

有名中や過去問をキンコーズで断裁してもらい、プリンター(コピー機)のスキャナ機能を使って電子データにしました。

断裁とは?

印刷された本を断裁機で切ることです。
過去問や有名中の背表紙を断裁機で切ってもらい、バラバラにしてもらいました。

バラバラになった有名中や過去問を電子データにするときには時間がかかって面倒でしたが、パソコンから欲しい分だけ何度でもプリンターで印刷可能ですし、キレイに印刷できます。

だから、スキャナ機能はあると便利です。

というか、必須機能ですね。

断裁しないのであればスキャナはいらないかもしれないけど、過去問以外でもスキャンしたいときって出てくると思うので、搭載タイプを購入しておくのをおすすめします。

中学受験用のプリンターの置き場所は?かなりの重量級なので高いところに置くのはおすすめしない

ブラザーに限らず、中学受験で使うのにおすすめのプリンターはかなりの重量があります。

ブラザーもエプソンも20kg以上ありますからね。

この重量級のプリンターの置き場所はどこにするか悩みますよね。

我が家はスチールラックの一番下に置いてます。

中学受験に使えるプリンターはかなり重いので、地震があったときのことを考えると下の方に置くことをおすすめします。

中学受験用に使うプリンター・コピー機であると便利な6つの機能

我が家が使っていたコピー機はブラザーのもの。

ブラザーのコピー機がおすすめなのは、格安なのに多機能なところですね。

中学受験用として使うなら、下記の機能がついたコピー機がおすすめ。

受験用に欲しいプリンター(コピー機)の機能

もっち

上表のプリンター(コピー機)の機能をクリックすると解説している箇所までジャンプします。

A3もしくはB4可能なコピー機がよい理由

さきほども書いたけれども、過去問はA4サイズでは小さすぎてNGです。

少なくともB4サイズでコピーできる必要があります。

中学受験ではA3は全く使わなかったけど、大は小を兼ねるとも言いますし、値段も変わらないからA3を買っておけばよいです。

両面スキャン可能なコピー機がよい理由

中学受験すると決める前からコピー機を買っていたので、スキャナー機能が片面のみのものを買ってしまっていました。

これは大失敗!

6年生になって失敗したと気付きました。

もっち

断裁した有名中や過去問は両面プリントですから、片面スキャナーだと意味がないのですよね。

結局、アドビの有料ツールを使って片面スキャンしたものを並び替えましたが、最初から両面スキャンできるものを買っておけばよかったと後悔しました。

このような失敗がないように、両面スキャン可能なコピー機を買って下さいね

両面コピー可能なコピー機がよい理由

両面コピーが必要なのは、過去問をコピーする必要があるからです。

片面コピーだと紙が大量に必要になりますし、何よりも実際の入試問題も両面コピーですから。

塾に過去問を提出するときも、たしか問題用紙と解答用紙をセットで提出でした。

大量インク搭載のコピー機がよい理由

大量インク搭載がよい理由は、過去問をやりだすと半端なくインクを消費するからです。

レーザープリンターが印刷コスト面では一番ですが、コピー機本体が高価なのでインクジェットプリンターの大量インク搭載しているものを選ぶとよいでしょう。

我が家のプリンターも黒のみ、大量インク搭載でした。

注意したいことが1点あって、純正でないインクはできるだけ使わないこと。

純正でないインクを使うとランニングコストは安くなりますけど、故障すると困るので高いけれども純正インクを使ってました。

もっち

費用の面で考えると格安のインクを使いたいけれども、プリンター(コピー機)が故障すると修理の補償対象外となるので、高くても純正インクを使ってくださいね。

2種類以上の用紙が設置できるとよい理由

通常はA4サイズコピーができれば何も問題ないですけど、過去問が始まるとB4サイズが必要になります。

A4サイズとB4サイズで使うたびに用紙をその都度入れ替えるのは面倒ですよね?

だから、2段カセットでA4とB4というように2種類以上の用紙が設置できるタイプがおすすめなのです。

無線LAN機能搭載のコピー機がよい理由

過去問を電子データにした場合は無線LAN搭載のプリンターだと、PCからいつでも印刷できるのでとても便利です。

中学受験や大学受験に使える複合プリンター・コピー機を紹介!

では、中学受験用に使えるおすすめのプリンター(コピー機)を特徴やスペックもあわせて紹介します。

【MFC-J6997CDW】ブラザーのハイスペックなプリンター・コピー機

J6997CDW
MFC-J6997CDW
MFC-J6997CDWの特徴
  • SAPIX生御用達のブラザー製
  • 業務用でも使えるハイスペック
  • 耐久性がある
  • 印刷コストが安い
  • 印刷スピードが速い
サイズ575×477×375mm
(突起部を除く)
重さ約24.1kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
22枚
印刷コスト
(モノクロ)
約0.7円

最大50枚まで連続スキャンが可能なADF(自動原稿送り装置)や両面スキャン機能を搭載。

ランニングコストもモノクロA4プリントで1枚0.7円です。

スキャンしたデータをあらかじめ登録したEvernoteやDropboxなどクラウドを活用した各種ウェブサービスへアップロードすることができます。

スマートフォンやモバイル端末からインターネットを経由して確認・共有が可能です。

大容量2段トレイ・多目的トレイ搭載で、高耐久&A3フル対応のハイスペック複合機。

業務用としても使えるようなハイスペックなコピー機なのですが、受験用に使うのであれば、ここまでハイスペックでなくても大丈夫です。

【MFC-J6983CDW】一番のおすすめはブラザーの一般的な複合プリンター・コピー機

MFC-J6983CDW
MFC-J6983CDW
MFC-J6983CDW の特徴
  • SAPIX生御用達のブラザー製
  • 耐久性がある
  • 印刷スピードが速い
  • 本体価格も安く、バランスのとれたプリンター
  • 約26kgもあって重いのがデメリット
  • 受験用では一番オススメ!
サイズ575×477×375mm
(突起部を除く)
重さ約25.9kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
22枚
印刷コスト
(モノクロ)
約1.3円

ブラザーMFC-J6983CDWのランニングコストは、先ほど紹介したプリンター(コピー機)よりは少し高くてモノクロA4プリントで1枚1.3円ですが、高速プリントが売りのコピー機。

印刷速度は、MFC-J6997CDWと同じです。

安いけれども、中学受験で使うには機能面では全く問題ないです。

もっち

一番おすすめのプリンター(コピー機)です!
迷ったらコレを買っておけば間違いなし。

【TR9530】キヤノンで中学受験に欲しい機能を搭載したプリンター・コピー機

TR9530
TR9530
TR9530 の特徴
  • キヤノン製プリンター
  • ブラザー製に比べてコンパクトサイズ
  • 両面コピーがA4のみなので、おすすめしない
サイズ548 x 474 x 272mm
重さ約10.55kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
10枚
印刷コスト
(モノクロ)
約3.5円

キヤノンのプリンターで、中学受験用のコピー機として最低限欲しい機能を搭載したモデルはこちらしかありませんでした。

印刷コストはモノクロA4プリントで1枚3.5円です。

でも、おすすめはしません。

おすすめしない理由は、両面コピーがA4のみということなので過去問を印刷するときに使えないからです。

過去問は大抵B4で印刷するように指示されるはずです。

過去問に使いたいのであれば、キヤノンのプリンターはやめておきましょう。

【PX-M5081F】エプソンで中学受験に欲しい機能を搭載したプリンター・コピー機

PX-M5081F
PX-M5081F
PX-M5081Fの特徴
  • エプソン製
  • ブラザー製にくらべ、サイズが大きい
  • 耐久性がある
  • 生産終了なので後継機をおすすめします
サイズ817 x 418 x 567mm
重さ約23.3kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
16枚
印刷コスト
(モノクロ)
約2.5円

エプソンのプリンターでも条件に合うものがありました。

しかし、PX-M5081Fはエプソンでの販売が終了したようなので、後継機(PX-M6011F)をおすすめします。

【PX-M6011F】エプソンで中学受験に欲しい機能を搭載したプリンター・コピー機(エプソンならPX-M6011Fがおすすめ)

PX-M6011F
PX-M6011F
PX-M6011Fの特徴
  • エプソン製
  • 印刷スピードが速い
  • エプソン製ならコレがおすすめ
サイズ450 x 515 x 350 cmmm
重さ約22.8kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
25枚
印刷コスト
(モノクロ)
約2.9円

エプソンのプリンターなら、PX-M6011Fがおすすめです。

本体価格も高くないですし、印刷速度はブラザーのプリンターよりも速いです。

ただし、印刷コストモノクロA4プリントで1枚2.9円でブラザーの方が安いです。

エプソンのプリンターも中学受験用として使うなら十分なスペックです。

【PX-M6711FT】エプソンで中学受験に欲しい機能を搭載したプリンター・コピー機(ハイスペック)

PX-M6711FT
PX-M6711FT
MFC-J6997CDWの特徴
  • エプソン製
  • 業務用でも使えるハイスペック
  • 高耐久性
  • 印刷コストが安い
  • 印刷スピードが速い
サイズ590 x 560 x 440mm
重さ約24kg
1分間の印刷枚数
(モノクロ)
25枚
印刷コスト
(モノクロ)
約0.9円

印刷スピードが速く、印刷コストがあまりかからないタイプ(ブラザーのハイスペックなプリンターと同じくらいの印刷コスト)です。

印刷コストはモノクロA4プリントで1枚0.9円です。

でも、プリンター本体はとても高いので、先ほど紹介したPX-M6011Fで十分だと思いますよ。

中学受験用に使える複合プリンター・コピー機のおすすめランキング

中学受験用に使える複合プリンター・コピー機のおすすめランキングです。

参考にしてくださいね!

1位:ブラザーMFC-J6983CDW

低価格なのに、中学受験に必要な機能がすべて揃っています。

どれを買おうか迷っているなら、MFC-J6983CDWを買えば間違いないです!

2位:ブラザーMFC-J6997CDW

ブラザーのハイスペックなコピー機。

おすすめ1位のコピー機よりも印刷コストがかなり安いです。

本体は高くても、ランニングコストが安い方がいいよという人にはおすすめです。

3位:エプソンPX-M6011F

エプソンのコピー機も中学受験に必要な機能は全て揃っています。

印刷速度はブラザーのコピー機よりも速いですが、印刷コストがブラザーのコピー機よりもかなり高くなってしまうので、3位にしました。

中学受験におすすめの複合プリンター・コピー機についてのまとめ

中学受験で使用するのに欲しい機能が搭載されたプリンター・コピー機はいろんなメーカーのものがあるので、お好みのメーカーのプリンターで条件に見合ったものを選んでくださいね。

我が家はブラザーのプリンター・コピー機を使っているのだけど、片面スキャンだったことを除けば大満足の買い物となりました。

もっち

コピー機は一度使ってみると、手放せなくなりますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる