ケンタは小学4年生の途中からSAPIXへ行きました。

SAPIXは難関中学の合格実績が高いことで有名ですが、難関中学だけでなく幅広い中学への合格者を出している塾です。

 

SAPIXに行くのであれば、αコースでないと意味がないと言われたりしているようですが、全然そんなことはないです(笑)

 

筑駒と開成を除けば、アルファベット上位コース(偏差値58以上くらい)からも難関校の合格者は多いですよ!

 

SAPIXではαコースの基準が全校舎で統一されていないので、大規模校だと偏差値50代後半からαコースになれますし、小規模校だと偏差値が60を超えていてもアルファベットコースだったりもします。

 

だから、どのコースにいるか?というのはあまり気にしないことが大切です。

特に難関校狙いの場合は、所属コースよりも順位を気にした方がいいですよ。

 

SAPIXは塾で過ごす時間が短い分、家庭学習での取り組みが非常に重要になります。

できれば親子でスケジュール管理しながら、家庭学習を進めていくことをおすすめしたいです。

 

SAPIX生だったときの各教科の勉強方法についても記事しています。

参考にしていただけると嬉しいです。

 

SAPIXはテキストもプリントなので、管理が大変!

子供は勉強で大変なので、プリント整理は親の役目と割り切って子供をサポートしてあげてくださいね。




SAPIXの記事一覧
【中学受験】マンスリーテストや模試の成績を親は気にし過ぎない!
中学受験すると決めたら塾選び。サピックスの入室説明会に行ってきた